【旅行業務取扱管理者】資格取得

 サイトマップ

「旅行業務取扱管理者資格」の試験勉強対策

 「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」とでは試験範囲が重なる部分も多いです。
 ここで説明することは一例です。参考程度にしてください。

 資格取得に向けて
旅行業務取扱管理者になるには
旅行業務取扱管理者の通信教育
ユーキャン通信人気の理由とは
どれくらいの学習時間が必要か
 試験(受験)について
合格率
受験者層は?
試験科目
試験科目一部免除制度
試験日程
願書取り寄せ
試験勉強対策
 仕事の概要
旅行業務取扱管理者とは
仕事の内容
資格商法詐欺

 市販されている参考書や問題集を活用して勉強するよりも、通信教育をお勧めします。

 通信教育で勉強してきた人の方が、合格率が高いように思われるからです。

 そう思う理由は、旅行業務関係の専門スクール「トラベル&コンダクター カレッジ」では、合格率を表示しており、70%(出席率80%の受講生は80~90%の合格率)だそうです。
 (ここは、教室での授業形式なので、学習効果も高くなるでしょうが…)

 最近は、通信教育各社の合格率を表示しなくったのでデータが手に入りません。
 合格率の表示は、誤解をあたえることもあるため、通信教育各社に国からの指導が入っているようです。

 とにかく、「誰かに教えてもらうこと」は、学習効果を高めます。
 通信教育であっても、添削を受けられるし、PC動画セミナーで勉強できる通信教育もあります。
 ⇒旅行業務取扱管理者の通信教育

 また、お金をかければ、それだけ「気合」も入ります。

 そして、「テキストなど試験勉強に必要なものは全てそろう」こと。
 これがとても重要!
 どの参考書やテキストが必要で、過去出題された問題集は、どれがいのか、一つ一つ調べて買い集めなくてはなりません。
 実に、手間がかかります。通信教育なら、一発でそろいます。


  次⇒ 旅行業務取扱管理者とは

Copyright (C) 2009 【旅行業務取扱管理者】資格取得, All rights reserved.