【旅行業務取扱管理者】資格取得

 サイトマップ

試験対策② 「国内」か「総合」旅行業務取扱管理者か?

 「旅行業務取扱管理者」資格では、国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者とがあります。どちらを受験するのが決めてから、勉強を始めたほうがよいでしょう。

 資格取得に向けて
旅行業務取扱管理者になるには
旅行業務取扱管理者の通信教育
ユーキャン通信人気の理由とは
どれくらいの学習時間が必要か
 試験(受験)について
合格率
受験者層は?
試験科目
試験科目一部免除制度
試験日程
願書取り寄せ
試験勉強対策
 仕事の概要
旅行業務取扱管理者とは
仕事の内容
資格商法詐欺

パターン〈1〉2年計画
「国内…」資格を取ってから「総合…」資格を取得する

 まず、1年目の試験で、「国内」資格を取得します。
 その翌年度の試験で、「総合」資格を取得します。

 国内の合格率は、30%以上ありますので、こちらに全力を注いで取得してしまうのです。

 「国内」資格を取得してあれば、「総合」資格の試験科目を2科目免除にできます。

 そうした場合の合格率は、50%以上です。
 試験科目が、4科目から2科目になるので、受験しやすいからです。

パターン〈2〉「総合…」資格取得を狙う

 受験日は、1か月くらいづらしてあるので、その年度で両方受験することは可能です。

 「総合旅行業務取扱管理者」資格は、「国内旅行業務取扱管理者」資格の試験科目とダブっている部分があります。

 試験勉強をする時間的余裕のある人は、一度に「国内」「総合」の両方取得することを狙う人もいます。

 この時、最低でも合格ライン取っておきたいのは「国内旅行業務」です。
 これは合格ラインに達していれば、来年度の試験で免除される科目の一つだからです。


  戻る⇒ 試験勉強対策   次⇒ 旅行業務取扱管理者とは

Copyright (C) 2009 【旅行業務取扱管理者】資格取得, All rights reserved.