【旅行業務取扱管理者】資格取得

 サイトマップ

「旅行業務取扱管理者資格試験」の受験者層は?

 「旅行業務取扱管理者」の受験者層をみると、旅行業界の人だけではありません。もしろ業界の方は少ないようです。

 資格取得に向けて
旅行業務取扱管理者になるには
旅行業務取扱管理者の通信教育
ユーキャン通信人気の理由とは
どれくらいの学習時間が必要か
 試験(受験)について
合格率
受験者層は?
試験科目
試験科目一部免除制度
試験日程
願書取り寄せ
試験勉強対策
 仕事の概要
旅行業務取扱管理者とは
仕事の内容
資格商法詐欺
 資格  受験者総数  旅行関連業種の方
 国内旅行…  17,566  17.1 %
 総合旅行…  12,576  41.4 %

 「国内旅行業務取扱管理者」の資格は、本当にいろいろな方が受験されています。
 「総合旅行業務取扱管理者」の資格は、旅行関連業種に就いているかたが必要にせまられて受験に来ているという感じです。それでも過半数にとどいていません。

「国内旅行業務取扱管理者」資格試験の受験者層

 年齢別でどうなっているか、紹介します。

年齢別(平成20年度)
年齢(歳) 合格率 合格率 男女合計 合格率 構成比
~19 1,624 26.8 2,652 29.0 4,276 28.2 24.3
20~24 2,450 26.6 3,981 28.2 6,431 27.6 36.6
25~29 864 26.9 1,006 31.2 1,870 29.2 10.6
30~39 1,540 26.4 1,061 35.7 2,601 30.2 14.8
40~49 980 26.2 451 27.0 1,431 26.4 8.1
50~59 575 30.2 178 24.7 753 28.9 4.3
60~ 174 36.2 30 23.3 204 34.3 1.2
合計 8,207 27.0 9,359 29.5 17,566 28.3 100.0
構成比 46.7 - 53.3 - - - -
参考データ:(社)全国旅行業協会・ANTAホームページより

 どの年齢層でも、合格率は、ほぼ同じです。ある程度年齢が上の方でも十分合格できます。

 また、男女比では、若干女性の受験者が多いですが、ほぼ同数です。
 合格率も、男女差が明確に表れているともいえません。

 次に職業別です。

職業別(平成20年度)
年齢(歳) 合格率 合格率 男女合計 合格率 構成比
旅行業 912 20.0 963 26.7 1,875 23.5 10.7
運用業 446 23.0 135 37.0 581 26.3 3.3
宿泊業 261 17.6 94 22.3 355 18.8 2.0
観光業 115 23.4 72 34.7 187 27.8 1.1
学生 3,305 28.9 5,539 30.7 8,844 30.0 50.3
その他 3,168 28.5 2,556 27.5 5,724 28.1 32.6
合計 8,207 27.0 9,359 29.5 17,566 28.3 100.0
参考データ:(社)全国旅行業協会・ANTAホームページより

 受験者は、学生で50%を占めています。
 旅行業など、この資格を生かせる業種の人は、17%程度です。

 だれでも受験に参加しているといえますね。

 25~39歳の女性が20%おり、
 職業「その他」の女性が、26%います。
 主婦の方、転職を考えている方が資格を取得して、就職に役立てようという様子も読み取れます。

「総合旅行業務取扱管理者」資格試験の受験者層

 平成20年度の年齢別、受験者層をみてみましょう。

年齢別(平成20年度)
年齢(歳) 合格率 合格率 男女合計 合格率 構成比
~18 89 26.9 141 30.4 230 29.1 1.6
19~23 1,540 31.8 3,114 31.0 4,654 31.3 33.9
24~29 939 35.1 1,710 38.7 2,649 37.4 23.0
30~39 1,592 37.2 1,573 41.5 3,165 39.4 28.9
40~49 691 29.9 519 31.4 1,210 30.6 8.6
50~59 368 26.3 177 23.1 545 25.3 3.2
60~69 91 35.1 24 16.6 115 31.3 0.8
70~ 7 0.0 1 0.0 8 0.0 0.0
合計 5,317 33.4 7,259 34.9 12,576 34.3 100.0
構成比 42.3 - 57.7 - - - -
参考データ:社団法人日本旅行業協会ホームページより

 この表は、4科目すべて受験した方と、一部免除で受験した方も入れた全体の数値になっています。

 全4科目受験者は、男女合計して、6911人。
 受験者総数(12,576人)の54.9%が全科目受験者になります。
 構成比でみても、それほど変わりなく、
 全4科目受験者の場合、19~23歳層で、4%程度多かったくらいです。

 特筆すべきは、70歳を超えた方が、8名も受験しているということです。

 次に職業別でみてみましょう。(一部免除も含む受験者全体)

職業別(平成20年度)
年齢(歳) 合格率 合格率 合計 合格率 構成比
旅行業 1,730 37.1 2,192 43.7 3,922 40.7 37.1
旅行業者代理業 77 26.0 139 33.8 216 31.0 1.6
旅行関連業 188 33.0 200 27.5 388 30.2 2.7
上記以外会社員 1,044 29.4 709 30.2 1,753 29.7 12.1
自営業 85 27.1 39 25.6 124 26.6 0.8
大学生 985 33.7 2,188 30.6 3,173 31.5 23.2
専門学校生 554 34.3 744 39.9 1,298 37.5 11.3
その他 654 30.4 1,048 27.3 1,702 28.5 11.3
合計 5,317 33.4 7,259 34.9 12,576 34.3 100.0
参考データ:社団法人日本旅行業協会ホームページより

 半分以上は、仕事を持っている方であり、学生は34%程度という構成比になっています。

 旅行関連業種の方が、「国内旅行業務取扱管理者」資格よりも高いレベルの「総合旅行業務取扱管理者」資格が必要になり、受験に来るという構図も浮かびます。

 旅行関連業種に就くのであれば、いづれ必要になる資格ともいえます。
 2年くらいで、一気に両方の資格を取得してしまう方が良いようです。


  次⇒ 試験科目

Copyright (C) 2009 【旅行業務取扱管理者】資格取得, All rights reserved.