【旅行業務取扱管理者】資格取得

 サイトマップ

「合格率毎年30%」に理由はあるか?

 旅行業務取扱管理者の合格率は約30%。この合格率は毎年変わりません。

 資格取得に向けて
旅行業務取扱管理者になるには
旅行業務取扱管理者の通信教育
ユーキャン通信人気の理由とは
どれくらいの学習時間が必要か
 試験(受験)について
合格率
受験者層は?
試験科目
試験科目一部免除制度
試験日程
願書取り寄せ
試験勉強対策
 仕事の概要
旅行業務取扱管理者とは
仕事の内容
資格商法詐欺

 試験問題の難易度を変えることで、合格率を調整することが可能です。

 受験者数は、16,000人くらいで、毎年変化ありません。
 よって、合格者数も、5000人くらいですね。

 旅行業界は、旅行業務取扱管理者を増やしたいと考えているようです。
 旅行業法施行規則を変更し、合格者を増やそうとしています。

 しかし、合格率は変化ありません。
 ということは、問題が難しくなっているのでしょうか。

 平成18年、旅行業法施行規則を変更した目的は、
 試験の難易度は変更せず同レベルを維持しながら
 受験者数は増やすことです。

 つまり
 合格率は同じで、
 受験者数を増やすことで、旅行業務取扱管理者の増加を図りたいようです。

 合格率は、毎年30%で固定されていると考えていいわけです。


※1 旅行業法施行規則改正(平成18年)について
※2 「合格率毎年30%」に理由はあるか?
※3 知らないと損する「免除制度」


  戻る⇒ 合格率   次⇒ 受験者層は?

Copyright (C) 2009 【旅行業務取扱管理者】資格取得, All rights reserved.