【旅行業務取扱管理者】資格取得

 サイトマップ

旅行業法施行規則改正(平成18年)について

 旅行業法の改正により、平成19年度の試験から試験科目免除の対象が広がりました。
 (平成18年度の試験で、合格ラインに達した一部科目は、翌年(平成19年度)の試験から免除になります。)

 資格取得に向けて
旅行業務取扱管理者になるには
旅行業務取扱管理者の通信教育
ユーキャン通信人気の理由とは
どれくらいの学習時間が必要か
 試験(受験)について
合格率
受験者層は?
試験科目
試験科目一部免除制度
試験日程
願書取り寄せ
試験勉強対策
 仕事の概要
旅行業務取扱管理者とは
仕事の内容
資格商法詐欺

旅行業法施行規則改正の内容

(1)総合試験の「国内旅行実務」の科目に合格した者
 → 次年度に総合試験を受験した場合の「国内旅行実務」の科目
(2)総合試験の「海外旅行実務」の科目に合格した者
 → 次年度に総合試験を受験した場合の「海外旅行実務」の科目
(3)国内試験の「国内旅行実務」の科目に合格した者
 → 次年度に国内試験を受験した場合の「国内旅行実務」の科目
  ※参考資料:頁下

 というように、試験科目の免除範囲が増えて、合格しやすくなりました。

 しかし、平成19年度、20年度では、改正前と変化はありません。

規則改正の目的

 『近年の旅行者ニーズの多様化・高度化に伴い、旅行商品の個別化が進み、旅行取引の内容も複雑化しつつある中で、引き続き旅行者保護に万全を期していく観点から、より多くの旅行業関係者に、旅行業務取扱管理者資格の取得を促していく必要性が高まっています。』
 ※参考資料:頁下

 旅行業務取扱管理者の需要が増えているので、旅行業務取扱管理者の人数を増やしたいということです。

 そのため受験者負担を軽減し、受験者の増加を図り、結果、旅行業務取扱管理者の数を増やしていきたいという狙いです。

 施行後の平成19、20年度だけですが、それほど効果を上げているとはいえませんね。

参考資料:旅行業法施行規則の一部を改正する省令案について


※1 旅行業法施行規則改正(平成18年)について
※2 「合格率毎年30%」に理由はあるか?
※3 知らないと損する「免除制度」


  戻る⇒ 合格率   次⇒ 受験者層は?

Copyright (C) 2009 【旅行業務取扱管理者】資格取得, All rights reserved.