【旅行業務取扱管理者】資格取得

 サイトマップ

旅行業務取扱管理者の仕事の内容

 旅行業務は、立案した旅行プランを旅行者(お客さん)に安心して楽しんでもらうことです。
 そのために、旅行業務取扱管理者は、旅行プランが安全に遅滞なく進行できるように、管理・監督することが仕事になります。

 資格取得に向けて
旅行業務取扱管理者になるには
旅行業務取扱管理者の通信教育
ユーキャン通信人気の理由とは
どれくらいの学習時間が必要か
 試験(受験)について
合格率
受験者層は?
試験科目
試験科目一部免除制度
試験日程
願書取り寄せ
試験勉強対策
 仕事の概要
旅行業務取扱管理者とは
仕事の内容
資格商法詐欺

 ツアープランナーツアーコンダクター(添乗員)とは違います。
 仕事の内容は、重なる部分もありますが、
 旅行業務取扱管理者は、旅行業務全体を管理監督する立場にあります。

 旅行プランの作成を行いますが、これは、ツアープランナーの仕事でもあります。ツアープランナーがいない職場では、旅行業務取扱管理者が計画します。

 また、『取引条件の説明』『契約書面の交付』について、正式に行う必要がある場合、旅行業務取扱管理者に説明責任があります。

 企画旅行の広告・料金提示・交通機関の予約など適正になされているか管理監督しなくてはなりません。

 旅行に関する苦情の処理も、旅行業務取扱管理者の仕事になります。

 実際には、添乗員として旅行先に出かけていくこともあります。
 ツアーコンダクター(添乗員)の資格(旅程管理主任者資格)も取っておくと役立つかもしれませんね。

就職先は

 主に、旅行代理店、旅行企画会社、航空会社。

 具体的には、名鉄観光、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、クラブツーリズム、ANAセールス 、トップツアー、JR東日本、全日空、日本航空、JTBトラべランド、日本旅行、など。

 もちろん、独立して、自分の会社を設立することもできます。


  次⇒ 資格商法詐欺

Copyright (C) 2009 【旅行業務取扱管理者】資格取得, All rights reserved.