【旅行業務取扱管理者】資格取得

 サイトマップ

ツアーコンダクター(添乗員)と旅行業務取扱管理者の違い

 ツアーコンダクター(添乗員)は、旅行客に付き添って、旅行がスムーズに運ぶように世話をすることが仕事です。

 資格取得に向けて
旅行業務取扱管理者になるには
旅行業務取扱管理者の通信教育
ユーキャン通信人気の理由とは
どれくらいの学習時間が必要か
 試験(受験)について
合格率
受験者層は?
試験科目
試験科目一部免除制度
試験日程
願書取り寄せ
試験勉強対策
 仕事の概要
旅行業務取扱管理者とは
仕事の内容
資格商法詐欺

 ホテルやバス、航空機、食事などの手配。
 出発前には、それらの再確認。
 ホテルのチェックイン。
 旅行先の情報収集とガイドとの打ち合わせ。
 旅行中のトラブルの処理。
 海外旅行では、パスポートや税関などの書類作成。
 時には、通訳もこなさなくてはならない場合もあります。

 それに対して旅行業務取扱管理者の場合は、「旅行」の計画立案・旅程管理、書面の作成、広告表示の適正チェック、旅行客へのプラン説明など、事前の準備や法律順守することが重要な役目となります。

 もちろん、ツアーコンダクターのように付き添っていくこともあるでしょう。
 しかし、ツアーコンダクターは、別の資格が必要なので、旅行業務取扱管理者とは、仕事の役割が違います。


 関連⇒ ツアープランナーとの違い 旅程管理主任者資格  戻る⇒ 仕事の内容

Copyright (C) 2009 【旅行業務取扱管理者】資格取得, All rights reserved.